人気ブログランキング |

西所沢家つくり通信


by nishi-toco-hill

マトリクス沼の話

f0214595_14324093.jpeg
ある程度の年齢の洋楽ファンなら一度は聞いたことがあるロックの名盤、ピンクフロイドの「THE DARK SIDE OF THE MOON」。あらゆるジャンルのレコードのなかでもっとも売れた、で、現在も売れ続けているアルバムのひとつ。少なくとも5000万枚以上売れたとされていますが、ぼくは1億枚近いか、突破してる可能性もあると思います。ぼくだけでCD10枚以上買ってますし(笑い)。
チョットどいて、写真撮ってるんだから!
日本では「狂気」のタイトルでおなじみですが、欧州各国盤、南米各国盤、韓国台湾盤、たしかインド盤も存在します。
CDでは中国盤もあり、タイトルはたしか「月影◯◯」という感じだったと思います。ぼくは北京の王府井で購入しました。ちなみにそのときぼくが北京にいたのは週刊ポストの記事のため北京モーターショーでゴーンさんからコメントをもらうためでしたが、前夜現地のキャバ◯ラでかなり飲んで完全寝坊してエライ目に遭いました。ただしコメントはゲット。ゴーンさんが「酒クサ!」って表情だった気もしますが、もともとああいうコワモテでらっしゃるし。
まあそれはどうでもいいけど、このレコードを見てください。ラベルの左側にひっかきキズみたいなのが見えますよね。これがマトリクスです。
そしてレーベルにはSMAS-11163というレコード番号がプリントされているでしょ?
f0214595_14331825.jpeg
これはアメリカのキャピトルレコードからリリースされたDARK SIDEです。このレコードのラベルは、その配色からブラックレインボーと呼ばれますが、ピンクフロイドはイギリスのバンドだし、アメリカのレコード会社のレーベルデザインをそのまま流用しただけなので、一般的なピンクフロイドのレコードの価値としてはほぼ最下位にくるシロモノです。
ところがこれはマトリクスとレコード番号から、アメリカのフィラデルフィアの工場でプレスされたもので、B面は通常のステレオ音源で収録されていますが、なぜかA面のみがクアドラ=4チャンネルという珍盤であることが判明。
しかもレコードからCDへの移行期の最後の最後にプレスされたものなので、今ではかなりのレア盤扱いされています。
f0214595_14330642.jpeg
どいてってば!
このアルバムには2枚のポスターが付属していて、ピラミッドのポスターは、イギリス盤ではブルーのフィルターがかかっていますが、アメリカ盤はなぜかグリーンで、しかもピラミッドの背景も大きく取り込んだトリミングなのでピラミッドが遠景というか小さいんです。
そんなわけでぼくはこのポスターの現物を今まで一度も見たことがなかったので、ヤフーで貯まっていたTポイントを使って購入しました。2800円だったかな。格安です。
こんなふうにレコードマニアはマトリクスやレコード番号の沼にハマりながら、日々を過ごしているのでありました。
ジャマだから。




by nishi-toco-hill | 2019-07-08 14:49 | 音楽生活