人気ブログランキング |

西所沢家つくり通信


by nishi-toco-hill

その9.「2階リビング」の家に住みたい

 こうして「にしとこ移住計画」がカタチになって、区画も決めて土地取得が完了しました。資金準備の苦労はみなさんと同じです。家を建てたとたん心労で倒れる男性も少なくないといいますから、数字のことは、なるべく思い出さないようにする、というのがウチの基本スタンスです。
 さて、今度は建物です。
 ソーラータウン西所沢には、それぞれ区画にあわせて建物の基本プランがあります。太陽光というローエネルギーを活用しますから、どの家も屋根の最大面を真南に向けて並んでいますが、家のカタチや間取りはかなりちがっているようです。
 ウチは1階に両親が入る予定なので、リビングを2階にしたいと思って、当初からアイバのSさんにいろいろと相談していました。「2階リビング」以外にも、素人なりにあれこれ「夢」や「考え」があり、また、資金だって潤沢にあるワケじゃありませんから、ここはつまらない見栄は捨ててザックバランに行くしかありません。どれぐらいのカスタマイズが可能か、またそれにはコストがどれぐらいかかるものか、ありったけ聞いてみることにしました。
 このソーラータウン西所沢を設計された田中さんに初めてお会いしたのは、昨年7月の中頃だったでしょうか。ご挨拶して、あれこれこちらの考えを伝えると、明るいダイニングのテーブルの上に広げたプラン図に、田中さんはよく使い込まれた鉛筆で、まるでデッサンするようなやわらかい線を何度も描いて、また消しながら……設計図のなかにだんだんと「ウチの暮らし」が描き加えられていきます。鉛筆を動かしながら、田中さんもいろんな考えや思いが去来する様子で、ときおり雑談もまじえながら、立ち止まっては進み、を繰り返しながら家のデザインを煮詰めていくプロセスは、まさに至福の時間でした。
 もともとモデルハウスを見て気に入った建物ですから、これはウチにとってはほとんど「注文建築」といえるもので、打合せを終えてまた散歩しながら西所沢駅に向かうあいだは、五十のオイチャン、オバチャンがスキップせんばかりの気分でした。
f0214595_11233636.jpg
 その後、何度もディテールの追加や変更をご相談して、2階リビング、最大バルコニーと最大ロフト、キッチンの奥にはパントリー兼小さな「アトリエ(のつもり)」を設けて、さらに天窓をもうひとつ追加した、なんといいますか、まことにワガママな設計図が出来上がったのでありました。ありがとうございます!
by nishi-toco-hill | 2010-03-04 11:23