西所沢家つくり通信


by nishi-toco-hill

その8.ついに決断か!にしとこ移住計画 

f0214595_13585531.jpg
 写真の真ん中には富士山のシルエットが見えてますね。これはマミーマートというスーパーマーケットのパーキングから見た西の空。ちょっと日が傾きかけています。ここはソーラータウンからいちばん近いスーパーでホントに大きい。徒歩でもラクに行ける距離にあるんです。
 入間のアウトレットパークは日本最大級の店舗数らしいですが、道がすいていればここからクルマで15分ぐらいでしょうか。中央道や関越道に出るにも、ソーラータウンはわりと便利な場所ですが、朝夕や休日の渋滞にはちょっと注意したほうがよさそうです。入間から東村山に真っ直ぐ抜けるバイパスが今はソーラータウンの目の前まで完成して、東村山までの延伸部分の工事を待っているところです。
 新青梅街道のほうに出ると「ジョイフル本田」というホームセンターがあって、とにかく大きくて揃わないものはない、と近くに住んでいる先輩に教わりました。今度、庭作りの材料を探しに行ってみるつもりです。
 さて、クルマや電車で何度かソーラータウンに通ううち、西所沢のこと、ソーラータウンのこと、いろんなことがだんだんとわかってきて、「にしとこ暮らし」が一枚の絵、というか、一連のマトリックスになって見えてきました。土地を探しはじめてからまだふた月とたっていないのに、ここに住むことをほぼ決めました。新築住宅というと、土地が気に入っても建物が気に入らなかったり、またその逆も多いと思うんですが、ウチはこの建物がまず欲しくて、同時にこの土地と環境も気に入ってしまったので、とっても幸運だったと思います。
 ともかくも「にしとこ」に家を建てることを決断したものの、あまりにあっけなく、早すぎはしないか!? という気がしないでもなかったのですが、これが出合い、というものでしょう。
f0214595_162034.jpg
 さて左の写真はソーラータウンを私道の奥のほうから眺めた光景です。家や道路、塀も新しく、若木の緑もまだ小さくまばらですけれど、季節を重ねるごとに緑が育って心地よい陰影をここに作りだして、景観をさらに魅力的にしていくのではないかと今からワクワクしています。
 右の写真は、ソーラータウンの北側にある畑。西武線の電車は屋根だけをこの畑地の上に少しだけのぞかせながら、切り通しの線路をコトコト走っていきます。さすがに夜は暗いので「ちかんにちゅうい!」の看板もありましたが、なんだかほのぼのしてしちゃって、こんなんでいいんでしょうか。 
f0214595_1694234.jpg




 もちろん、「にしとこ」に気になることがなかったわけじゃありません。ここで、「にしとこ」に住むかどうか、迷ったことも正直にお話しましょう。それはソーラータウンを横切る送電線です。
f0214595_16535047.jpg 電磁波による健康への影響があるのか、ないのか。まだ科学的に検証するだけのデータ蓄積がないためこれを頭ごなしに否定する専門家もいますが、あらかじめリスクを回避するために、さまざまな国やWHOも独自のガイドラインを作って公開していますね。
 ウチもいざここに土地を求めるという段になって、相羽建設のSさんに正直に懸念を相談したところ、東京電力の外郭団体が電磁波を計測してくれるというので、さっそくお願いすることにしました。
 結論からいえば、ここでの計測値は微妙な位置の違いによっても変化しますが、WHO(世界保健機構)の基準や、世界でもっとも厳しく対応している北欧諸国、とくにスウェーデンのガイドラインも下まわっていることがわかり安心しました。
 またこうして見上げていると、送電線の鉄塔は、どことなく風情がありませんか? 宮澤賢治の童話には「月夜のでんしんばしら」と、賢治さんの手になるなんとも幻想的な水彩画もありましたよね。『鉄塔武蔵野線』という小説もありました(こことはちょっと別の線ですが)。今やソーラータウンのこの鉄塔は、ぼくの大事なランドマークです。
 それともうひとつみなさんが気になるとしたら、お隣にあるお寺の墓地のことですかね。ちなみに今、住んでいる石神井のマンションの目の前には「観蔵院」というお寺があり、素晴らしいマンダラを所蔵している美術館がなかにあるんですよ。むしろお寺の隣であることをウチはネガティブには考えていません。墓地に漂うちょっと清浄な空気の感じもけっこう好きなんですよ。ソーラータウンの隣にある「瑞岩寺」も何度か境内にお邪魔しました。半分は冗談ですが、ここに墓地を買うか、なんて話も出たぐらいです。
 若いときは実家にある大きなお仏壇がなんかブキミにも見えましたけど、人生もいろいろ経験を重ねてくると、手を合わせながら心のなかでぼくたちのルーツであるご先祖サマたちと語り合いたいというような気持ちも少しはわかるようになって、神社仏閣に心なごむものを感じるようになりました。これが「齢を重ねる」ということなんでしょうね、きっと。瑞岩寺から観た八国山方面の風景も一枚ご紹介しておきます↓f0214595_16541254.jpg
by nishi-toco-hill | 2010-03-03 13:58