西所沢家つくり通信


by nishi-toco-hill

その4.にしとこ、よいとこ

 相羽建設が清瀬で公開しているモデルハウスにうかがったのは土曜日のこと。次の月曜の午前中には、西所沢に来ていました。この駅で降りるのは生まれてはじめて。所沢と聞いて連想するのは何だろう? 所ジョージと西武ドームと漫画家の蛭子さんと……。そのおとなりの西所沢駅なわけですから、なんだか小旅行に行くような気分で西武の下り電車に乗り込んだのですが、急行電車は意外なぐらい早く目的地に着いたのでした。
 目指すは「ソーラータウン西所沢」。踏み切りを越えると、道は長くゆるやかに下っていて、キラキラと輝く初夏の緑の向こうに、ゆったりと寝そべったような八国山の稜線が見えてきました。
 ソーラータウンに出るにはいろんな道があります。少し回り道して、クルマが進入できない細道を線路づたいに行くと、黄色い西武線が地面より低い切りとおしのようなところを走ってきました。散歩道を探すのが楽しそうな場所です。ネコにも挨拶しました。野良ネコが暮らしている場所は、人間にも住みやすい場所だと思います。
 こののんびりした空気、電車を上手に選べば都心にもストレスなく出られる地の利、また狭山湖周辺の自然環境や、何か買い物があれば所沢駅周辺に出ることもできるので、「いいとこだね」と家族で言い合いました。実は、仕事の先輩が武蔵大和にいるほかは、まるっきり縁もゆかりもない土地なので、西所沢という場所にはなんのファンタジーも持っていなかったのです。
f0214595_15345427.jpg

by nishi-toco-hill | 2010-02-17 15:34