西所沢家つくり通信


by nishi-toco-hill

<   2015年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

その98.NEWプリウス問題

 NEWプリウスが店頭に並びました。設計をゼロから見直した文字どおりのフルモデルチェンジで、1リッターあたり40kmを超えるということは、旧型から10kmちかく走行距離をアップしたわけで、トヨタ恐るべし、です。若い頃はトヨタをデザインセンスに乏しい大衆車メーカーと思っていたので、一生トヨタ車に乗ることはないゼ、なんてカッコつけてたのに、2代目プリウスの発表会にフラッと立ち寄って「いいじゃん⁉︎」と買って以来、今のプリウスで4台目となりました。だからプリウスについてはちょっと詳しいですよ。
 ウチのプリウスはPHV=プラグインハイブリッド。大きな蓄電池を積んでいるので1回のフル充電で20km以上(最高で28kmぐらい)、モーターだけで走ります。
 充電時間は約90分、深夜電力だと30円ぐらいなので激経済的! ただ夜11時まで待つのがけっこう面倒ではあります。で、電力を使い切ったらフツーのハイブリッド走行になります。ハイブリッド走行でも常時1リッター20kmは余裕で走ってますよ。
 最近はフツーのガソリン車でも、1リッター十数kmはけっこう当たり前になっているので、あえてハイブリッドなんて必要? って思いますけど、PHVだとガソリンに換算して約60kmぐらい走る計算になります。まあ航続距離は少ないし、充電にもやたら時間がかかるので単純比較はできないけど、ふだん乗りで燃費60kmというのはやっぱり密の味です。
 給油回数が少なくて済むってのもメリットです。ちなみに東日本大震災のときは3代目プリウスに乗ってましたが、石油コンビナートが燃えているのをニュースで見て、これから大変なことになると思い、すぐに小手指のSSに走って給油し、それからひと月ほど給油せずに過ごすことができました。
 経済性よりもっと快感!なのは、モーターのぶ厚いトルク。なんせモーターは走り出しですでに最大トルクを発揮するので、エンジンみたいな悲鳴を上げることもなく、無音のままモリモリッ!と圧倒的な加速をします。中央道談合坂での追い越しなんて無敵ですよ。
 新プリウスにPHVが追加になるのはきっと1年ぐらい先でしょうが、いいなぁ、どうしよッかなぁ。だけど今回、ただひとつの?な点が、ボディーカラーです。この新プリウスのエッジの効いたシェイプとカラーの組み合わせに、これだ!と思わせるものがない。広告では赤と黄色がイメージカラーになってて、蛍光色みたいなイエローは日差しの熱を抑える特殊な塗料ってことで、たしかに冒険的で新しい主張を感じるんだけど、本来、黄色って、コンパクトカーには似合うけど、ある程度大きなクルマにはどっかなぁ……。実際、街でどう見えるんかなぁ。黄色いプリウスが街を走るのを心待ちにしているところです。
f0214595_11423355.jpg

深夜電力なら約30円でフル充電。燃費はガソリン換算で1リッター約60km。どうだ、まいったか!
[PR]
by nishi-toco-hill | 2015-12-17 11:18 | 自然