西所沢家つくり通信


by nishi-toco-hill

<   2011年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

その66.古本屋歩き

f0214595_14223387.jpg
 どうです、スゥゴォーい貫禄でしょ? 説明が難しいんで内容はキッパリ割愛いたしますが(笑)、実はこの本、ブックオフ新所沢中央店で1000円で購入したんですよ。72年の発売時で4700円ですから、かなりの高額本です。箱はかなり傷んでいるものの、中身はけっこうキレイです。ユング、そして河合隼雄さんは、ぼくがいちばん敬愛する心理学者で、先年、河合さんが亡くなられたときには胸のなかに大きな穴がぽっかり開いたような大きな喪失感を感じました。ご本や講演などを通じてほんとうに多くのものを残された懐の深い優れた思想家であると同時に、優しいニッポンのお父さんという感じでした。次の冗談話はユング心理学に関心のない方たちのあいだでも有名らしいです。
■「のぞみはもうありません」と面と向かって言われ、私は絶句した。
ところが、その人が言った。
「のぞみはありませんが、光はあります」
なんとすばらしい言葉だと私は感激した。
このように言ってくださったのは、
もちろん、新幹線の切符売場の駅員さんである。■
 たったこれだけですが、人間の心という恐ろしくも深い森を探求し続けてきた心理学者の境地からこぼれ出たような冗談ではないですか。
 ところでぼくは本が大好きなんで、ニシトコ周辺のいろんな古書店に足繁く通っています。ブックオフはニシトコの数キロ圏内に7軒もあり、そのうち6軒は周辺住民のみなさんの知的水準が高いせいなのか、掘り出しものに巡り会うことが多いのです。
f0214595_14234881.jpg

[PR]
by nishi-toco-hill | 2011-11-26 14:22 | 街歩き
 東京から富士見坂が消える、っていうニュースを昨夜NHKニュースでやってました。高層ビルが富士の眺めを遮り、ひとつまたひとつと名ばかりの「富士見坂」になっているそうです。
 この眺めは西所沢駅からソーラータウンに向かって下りてくる坂の途中で見える富士の姿。あれ、こんなに小さかったかなァ……。同じ場所から見ても、季節や天候、時間によってずいぶんちがった大きさで見えるのが富士山の不思議であり、魅力であります。藤原新也さんに『俗界富士』という、サリン事件の直後に撮られた写真集がありますね。俗界からのぞくこの美しいシルエットは、こんな遠くからでも、一瞬にして心を洗い流してくれるような気がします。ああ、ありがたや。
f0214595_9514130.jpg
 当時ぼくは週刊誌の編集部にいて、匿名の電話やら写真週刊誌の仲間たちから背筋の寒くなるような話を毎日のように聞かされていたものです。先日、一連のオウム裁判が終結しましたが、あの事件は、バブルでたがの外れてしまった社会のひとつの産物だったかもしれないと今になって思います。今年の大震災で日本はほんとうにかけがえのない多くのものを失ったけど、多くの善意や復興に立ち上がる姿を目にして、むしろ今のほうが希望のある時代なんじゃないかという気さえしてきます。
[PR]
by nishi-toco-hill | 2011-11-26 09:51 | 自然

その64.荒幡キウイ

f0214595_2073736.jpg
 先週のことですが、荒幡交差点の角にある農家でキウイを売っているのを発見しました。ちょうどクルマで信号待ちしていたので、いったんその先のセブンイレブンに入ってクルマを停めて、キウイを買いに戻りました。ひと袋8個ぐらいで200円ですが、値段はともかくニシトコ産のキウイを見たのは初めてなので、これは買うしかありません。ちょっと畑を見せてもらったら、キウイってちょうどぶどう棚みたいに栽培されているんですね。少し小ぶりですが、味は濃厚で、ジュースにして飲みました。マッコリカクテルも試してみたけど、若干炭酸の強いマッコリを使うと美味ですよ。
 
f0214595_20215376.jpg
 ちなみにぼくはこういうのを想像してたんですが、かなりちがってましたね。
[PR]
by nishi-toco-hill | 2011-11-23 20:08 | 街歩き
f0214595_936306.jpg 昨日、韓国大使館で俳優のイ・ソジンさんを招き、新ドラマ「武神」のお披露目と今人気のマッコリを紹介するイベントが韓国MBCの主催で開かれ、呼ばれて行ってきました。マスコミや業界関係者だけでなく一般のファンの方々も招待され、ぼくが会場に着いたときにはすでに満員状態。
 イベントの後半は、様々な韓国料理のバイキングとマッコリの試飲会、というより飲み放題です。いろんな地方のマッコリやカクテルふうのものまで含めてぼくも20種類以上、味わいました。ぼくが気に入ったのは牛乳で割ったほんのりと甘いマッコリカクテル。料理のほうは人だかりで突き飛ばされそうだったので、人の隙間をかいくぐって、宮廷料理ふうのメニューにしぼって味わってきました。
 MBCの取材クルーにつかまって、日本でのK-POP人気について無理矢理しゃべらされたのはキツかったなァ。今の日本のヒットシーンと周辺メディアは、AKBとジャニーズとK-POPの3種の神器で成立してるんですよ。
 相当飲んだので、ニシトコに着く頃には、左右の足が逆になってるかも、と思っていたんですが、いたってフツーでした。マッコリはヨーグルトの何十倍もの乳酸菌を含み、またスッキリして悪酔いすることもないそうです。
 会場で質問を受けたイ・ソジンさんは日本の女性について「礼儀正しい日本人女性の姿を見て、ぼくも少し礼儀正しくなりました」と、超模範的な回答。台本どおり、だそうであります。
f0214595_9231167.jpg

f0214595_933031.jpg

[PR]
by nishi-toco-hill | 2011-11-11 09:21 | インタビュー