西所沢家つくり通信


by nishi-toco-hill

<   2010年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

その36.森の家具屋さん

「ラボラトリー」というオーダーメード家具の工房の出かけてきました。おとなりのAさんのブログをのぞいていて見つけて、いいな、と思ったのです。
f0214595_912936.jpg
 場所は所沢市三ヵ島。狭山丘陵の、四方を丘に囲まれたちょっと不思議な風景の真ん中に、住宅をかねたとても素敵なアトリエがありました。まわりはぶどう畑が、ぶどう狩りの真っ盛りです。ここはいわゆる店舗とはちょっとちがうので突然訪ねても不在のことがあるそうですが、思い立ってぶらりと出かけてみたら若いご夫妻が満面の笑みで迎えてくれました。
「ラボラトリー」の家具は、ひとつひとつ完全なハンドメイドで作られるまるで工芸品です。味わいのある無垢材を大胆に使いながらも、とても繊細で洗練されたディテールを持っています。独特の緊張感は、室内や窓からの眺望を一枚の絵のようにしてくれるので、きっと暮らしが楽しくなるはずです。はっきりいって欲しいものがありましたが、せっかくオーダーもお願いできるんだから、あわてるのは禁物。それに家具は一生ものを買うのがいちばんです。貸家住まいのときには、気分のままにあれこれちぐはぐな家具を買い込んで使っていましたが、こうして家を作ってみると、家具もライフスタイルの一部なんだという気がしてきます。ウチの息子も連れて、ぶどう狩りのシーズンが終わらないうちにもう一度「ラボラトリー」に行ってみるつもりです。
[PR]
by nishi-toco-hill | 2010-09-15 10:17 | 引越し

その35.縁台を作りました

f0214595_7311165.jpg
 少し前の話になるんですが、相羽さんの木工教室に息子と家内が参加して小さな縁台を作ってきました。
 素人が考えるのとはちがった手順で、作業が進みます。それがもっとも効率よく、仕上がりも格段にキレイになるアプローチで、まるで脳トレです。「さすが、プロの技はちがう!」 もともとインテリアや家具に関心があるふたりなんだけど、木工教室がいたく面白かったらしく、今度はジョイフル本田で材料を仕入れて長い縁台を自作してみる仕儀となりました。
f0214595_7314668.jpg
 そうして完成したのがこの長い縁台。小さいほうを一時、玄関前の灯りの下に置いてみたら、便利で、建築家の田中さんが蔵作りをイメージしたとおっしゃっていたエクステリアととけ込んでなかなかの風情でもあります。
f0214595_7383113.jpg

[PR]
by nishi-toco-hill | 2010-09-10 07:38 | 引越し
 相羽建設Sさんの呼びかけで始まったツーリングの会の第2回目が、8月最後の日曜にありました。今回のツーリストは4人。清瀬のモデルハウスを朝8時すぎに出発し、目指すは狭山丘陵のほぼ西端に位置する野山北・六道山公園にある「里山民家」です。東村山市街を抜け、多摩湖自転車専用道路に入って武蔵大和駅付近に出ると、そこからは青梅街道をたどります。日曜朝の道はクルマも少なく、1時間足らずで目的地に到着しました。ここは東京都でも屈指の広大な敷地を持つ自然公園で、多摩丘陵の豊かな自然とあちこちの展望台からは富士や丹沢や奥多摩が眺望できるそうです。
f0214595_9184459.jpg
 さてこの里山民家は、驚いたことに新築なのだそうです。東村山にあった古民家が解体されたとき、残された設計図を市が譲り受け、都が啓蒙をかねた自然公園の目玉にこれを建てたといいます。建物の裏手には変化に富んだ谷あいの風景があり、このあたりではたいへん珍しい、沢の水を使った田んぼがきれいに手入れされ、たわわに実った稲穂を案山子が見守っていました。多くのボランティアさんたちの手で管理されているようです。
 さらに驚いたことには、かつてここにはトラック9千台分のゴミが放置されていたそうで、「トトロ」以前はずいぶんちがった光景があったんでしょうね。
f0214595_859332.jpg
 来た道を戻って「かたくりの湯」で一息入れ、まだまだ昼には早かったんだけど、「村山うどん」をみんなで食しました。1日20食の限定メニューです。
f0214595_9233072.jpg
 コシのあるうどんを甘辛い肉汁につけて食べる、これがこのあたりならではの「糧うどん」というのでしょうか。
 ここからは多摩湖のまわりをめぐる自転車専用道路に入って、思う存分、バイクを走らせてきました。炎天下でしたが、走りは快適で、また参加された皆さんのライフスタイルや考え方に少し触れることができたのが、ぼくにとってはなにより楽しく有意義でした。家を持つような年令になると、友達づきあいみたいなものを始めるのは稀なことですが、からだを動かしながらコミュニケーションしていると、案外素直にいろんなことが話せるものです。まことに勝手ながら、こういうところからぼくは仕事のアイデアをずいぶんともらっているんですよね、ありがとうございます。
[PR]
by nishi-toco-hill | 2010-09-01 09:20 | 自転車