西所沢家つくり通信


by nishi-toco-hill

カテゴリ:自転車( 5 )

f0214595_22424821.jpg
 日曜日、ママチャリGP2011@富士スピードウェイに行ってきました。相羽建設のスタッフのみなさんと施主さん家族がご覧のとおり大結集。のんびりさんチームとけっこうマジなチームの2組が参戦、マジさんチームは、終盤転倒のアクシデントも乗り越え、参加99組のうちナント13位と大健闘しました。これも久米川の星さんご家族の激走による結果です、ありがとうございました。
 テントでは相羽会長が奥様とおいしいバーベキューでもてなしてくださいました。調子の悪い自転車に、相羽会長は「焼酎でもかけてみるか」なんて、なんとも品のいいジョークを連発されて、座は盛り上がりっぱなしでしたよ。さすが50過ぎのボクは今週はほぼ半死状態でした。来年はのんびりさんチームに入れてもらうか、相羽会長のお相手をさせていただきます。
f0214595_22432788.jpg

[PR]
by nishi-toco-hill | 2011-04-21 22:43 | 自転車
 相羽建設Sさんの呼びかけで始まったツーリングの会の第2回目が、8月最後の日曜にありました。今回のツーリストは4人。清瀬のモデルハウスを朝8時すぎに出発し、目指すは狭山丘陵のほぼ西端に位置する野山北・六道山公園にある「里山民家」です。東村山市街を抜け、多摩湖自転車専用道路に入って武蔵大和駅付近に出ると、そこからは青梅街道をたどります。日曜朝の道はクルマも少なく、1時間足らずで目的地に到着しました。ここは東京都でも屈指の広大な敷地を持つ自然公園で、多摩丘陵の豊かな自然とあちこちの展望台からは富士や丹沢や奥多摩が眺望できるそうです。
f0214595_9184459.jpg
 さてこの里山民家は、驚いたことに新築なのだそうです。東村山にあった古民家が解体されたとき、残された設計図を市が譲り受け、都が啓蒙をかねた自然公園の目玉にこれを建てたといいます。建物の裏手には変化に富んだ谷あいの風景があり、このあたりではたいへん珍しい、沢の水を使った田んぼがきれいに手入れされ、たわわに実った稲穂を案山子が見守っていました。多くのボランティアさんたちの手で管理されているようです。
 さらに驚いたことには、かつてここにはトラック9千台分のゴミが放置されていたそうで、「トトロ」以前はずいぶんちがった光景があったんでしょうね。
f0214595_859332.jpg
 来た道を戻って「かたくりの湯」で一息入れ、まだまだ昼には早かったんだけど、「村山うどん」をみんなで食しました。1日20食の限定メニューです。
f0214595_9233072.jpg
 コシのあるうどんを甘辛い肉汁につけて食べる、これがこのあたりならではの「糧うどん」というのでしょうか。
 ここからは多摩湖のまわりをめぐる自転車専用道路に入って、思う存分、バイクを走らせてきました。炎天下でしたが、走りは快適で、また参加された皆さんのライフスタイルや考え方に少し触れることができたのが、ぼくにとってはなにより楽しく有意義でした。家を持つような年令になると、友達づきあいみたいなものを始めるのは稀なことですが、からだを動かしながらコミュニケーションしていると、案外素直にいろんなことが話せるものです。まことに勝手ながら、こういうところからぼくは仕事のアイデアをずいぶんともらっているんですよね、ありがとうございます。
[PR]
by nishi-toco-hill | 2010-09-01 09:20 | 自転車
f0214595_17404691.jpg 多摩湖ツーリングのメンバーのアドバイスに従い、ヘルメットを購入しました。せっかくブログをリンクしてくださったのに、まちがって削除してしまいました、あいすみません。
 ヘルメットのついでにドリンクボトルも新調しました。オイちゃんになると、ちょっとした出先でもちゃんと冷えた飲み物が欲しいとか、いろいろうるさい要求があるので、ここはあまり倹約しないで新しくて値段の張るものをためらいつつも購入してきました。
 ぼくがよく出入りしている自転車屋さんは高田馬場駅前のMONKEYなんですが、すぐに何か欲しいときは、迷わず池袋のビクトリアです。さて、これからいろんなところを走るぞ、と思ったら入梅ですね。一昨日の土砂降りの晩(W杯日本vsパラグアイの夜)は、うちの近くの信号や、吉野家までが停電しているのを目撃しました。最近はスコールのような雨が多くなったので、この時期、自転車で出かける際はちょっと注意が必要です。
f0214595_1715285.jpg
 こないだ所沢市役所に立ち寄ったとき、2枚のマップをもらって帰りました。所沢市の農産物直売所のマップと、手打ちうどん・焼だんごのお店のマップです。どちらもこのあたりをツーリングするのにもってこいのマップで、これから活用しようと思ってます。『ティファニーで朝食を』のセレブ作家、トルーマン・カポーティーは、庶民の食卓とお金持ちの食卓の違いは「野菜」だと、どこかで書いていました。あれは『犬は吠えるがキャラバンは進む』だったかな。ぼくは『冷血』よりももっと恐ろしい『手彫りの棺』(ノンフィクションかどうかは非常に疑わしい最晩年の作品ですが、背筋が凍ることまちがいなしですよ)が好きなんだけど、それはともかく、西所沢に引っ越してきて、我が家の食卓でもっとも変わったのは、新鮮な地ものの野菜が多くなったこと。いい野菜とドレッシングが食卓にあると豊かな気持ちになれる割に、家計も安上がりなので助かります。ウチのカミさんによれば、このあたりでいちばんいい野菜を品揃えしているのは「所沢西武」だということです。さすが、百貨店の意地ですね。
 農産物直売所のマップで見ると、狭山湖の北側(所沢市の西南部)はお茶農家の直売所がたくさんあって、散策のついでに訪ねてみるつもりです。お茶の葉というのは虫にとってもおいしい食べ物ですから、農薬をわんさか使うものらしいんですが、お茶好きのぼくとしてはそのあたりも確かめてみたい。ちなみに高い山で栽培されるお茶は虫の心配が少ないので安心なんだけど、同じものばっかり飲むわけにもいかないですよね。ぼくは「ヘルシー」ということには全然こだわりません。気持ちが豊かならそれでOKなんです。
f0214595_1716023.jpg
 この辺には、下の写真のような懐かしい風景が残っていて、所用のついでに遠回りして帰ることもしばしばなんです。
f0214595_1718074.jpg

 さて今、我が家の関心事は、クーラーです。OMソーラーを最大限活用してみたいのと、みなさまご存知の「霧島壁」に穴を開けたくないという気持ちから(霧島壁はほんとキレイですからね)、クーラーを設置するかどうか迷ったあげく、冷風機と乾燥機をかねたちょっと良さげなのを見つけたので、これでこの時期をしのげるかどうかを試してみることにしました。コロナという冷暖房器具の老舗メーカーのもので、うちは小手指西友で見つけたんだけど、価格ドットコムの最安値よりさらに3000円も安かったんです、気になる人は急げ! リポートはいずれまた。
[PR]
by nishi-toco-hill | 2010-07-01 17:14 | 自転車
 相羽建設Sさんが音頭取りになって、バイク(といっても自転車です)の即席ツーリングクラブが出来上がりました。その第1回目は多摩湖1周ツーリング。昨日20日、朝8時に、青葉町のモデルハウスに参加者たち5人が集合しました。
 ぼくは不覚にも、その場でみなさんと挨拶するまで、参加メンバーはすべて運動不足の相羽のスタッフだと思い込んでいたのです。ところが三鷹から見事なレーシングバイクで参加してくださったダンディーなSさんをはじめ、みなさんOMソーラーハウスの施主さんたちだったので、ぼくはいきなり腰が引けそうになった次第です。というのも、朝イチから気の赴くままにマックに寄ってソフトツイストを食べたりとか、ベンチに腰掛けて時間も忘れて雑談したりとか……ツーリングというより、自転車付きのピクニック、といった感じのイベントをぼくは勝手に想像していたのです(結果的にはけっこうそれに近い部分もあって、みなさま大変失礼いたしました)。
 まずは青葉町にお住まいのYさんの先導で空堀川沿いの散歩道を抜けて、多摩湖自転車道に入り、複数のメンバーで走るためのスピードとカンみたいなものを感得しながら、多摩湖ツーリングが始まったのでした。オイちゃんは、Yさんや、やはり青葉町にお住まいのTさんのシャープな走りに必死にくっついていくのみです。
f0214595_17543145.jpg
 西武多摩湖線の武蔵大和駅に着くと、ぼくの友人KさんがMTBで合流しました。Kさんもぼくも長く雑誌ジャーナリズムの世界にいて、自動車の取材記事で彼はぼくの大先輩にあたりますが、ぼくがソーラータウン西所沢に引っ越してきてご近所になったので、このエリアをベースに何か新しいことをやろうと企んでいるんです。
 武蔵大和駅で計6人の部隊となった一行は、多摩湖の展望スペース→東大和市郷土博物館→かたくりの湯へ、アッという間にコースの約半分を走り、横田トンネルに寄り道しました。狭山湖建設の際、砂利を運搬した軌道跡だそうです。
f0214595_755876.jpg
 トンネルを抜けて細い林道を上がり、再び自転車道に戻ります。多摩湖の北側、軽いアップ&ダウンを楽しみながら、ここはバイクを走らせる楽しさを満喫しました。思いつきで立ち寄った狭山不動尊では焼きだんごとところてんで一休みし、みなさんはなんだか全然走り足りない様子で、あらためてお詫びいたします。最初は多摩湖から狭山湖のほうまで一周しようかと思ったんですが、あちらは未舗装路が多く、ロード用のバイクでは難儀するだろうということで予定変更したのです。
 さて本日の予定を午前中にこなして、多摩湖のほとりに戻ってきて撮影したのがいちばん最初の写真です。ぼくの友人のプロカメラマンSさんが一行のこの記念写真のほか、ひとりひとりのポートレートを撮影してくれました。近々、個人の肖像写真をアート作品として撮影するプロジェクトをはじめるので、実はツーリングのメンバーにモデルさんになっていただいたのです。みなさん、ありがとうございました。
 こうして、異様に休憩とムダの多いツーリングが終了しました。もしかしたら楽しんだのはぼくだけじゃないの!? なんてことが脳裏をかすめつつ、いや、なんというか、驚きのツーリングでした。
 ついでにカメラマンSさんのHPも紹介させてください。http://www.sasaphoto.com/
 その後、相羽建設Sさんと拙宅に戻り、KさんカメラSさんも合流して次の企画についていろいろ話し合いました。Sさんが帰り、いよいよオイちゃんたちだけになると、ツーリングは走る以外に何か目的がないと楽しくない、という話になり、その目的はグルメだろうというありがちな結論に落ち着きました。今度は武蔵野うどんの隠れた名店でも探しに行く、とか。ぼくは、農家の自給自足生活の知恵みたいなものを学びに行くとか、そんなことを考えているんだけど、何か面白いアイデアはありませんか。実は最近、クルマで小手指から入間あたりをあちこち走ってみて、この周辺の茶畑の風景がいたく気に入ってしまい、クルマやバイクを持ち込んで遊べるガレージというか、農家の空いている納屋みたいな物件をレンタルしたいな、なんて思っているんです。もちろんK先輩と割り勘です。畑付きだともっといいなァ


 
[PR]
by nishi-toco-hill | 2010-06-21 17:54 | 自転車
 ソーラータウン西所沢から、多摩湖のほとりまでは、ほんの数キロ。自転車にはちょっとキツい坂もありますが、20分ぐらいで到着します。
 このあたりは東京の東村山市、東大和市、埼玉の所沢市が境を接しているんですが、自転車乗りには最高に楽しい場所なんです。昨日はとてもいいお天気だったので、近くに住む先輩の案内で走ってきました。
 多摩湖の堤防に立つと、緑のなかにUFOのような西武ドームの屋根がポッカリ浮かんでいます。くるりと反対を向き直ると、西東京方面の風景が広がっています(下の写真です)。木々のあいだから西武多摩湖線も見えますね。
f0214595_1231787.jpg
 この多摩湖の周囲には自転車専用道路があり、ここいらがあまりに東京都心から近いために、観光地としては注目度は低いのですが、実はいろんな隠れスポットがあるんです。
f0214595_1215013.jpg
f0214595_12151384.jpg

 昨日、寄り道したのは東大和市立郷土博物館。ここにプラネタリウムがあって、うまく時間が合えば、ツーリングの休憩をかねて夜空の散歩を楽しむことができます。入場料も大人200円と、ありがたい。
f0214595_12145021.jpg
 これからしばらく、ここいらのツーリングスポットを紹介してみたいと思います。日帰り温泉だってあるんですよ。
[PR]
by nishi-toco-hill | 2010-05-23 12:16 | 自転車