西所沢家つくり通信


by nishi-toco-hill

カテゴリ:引越し( 14 )

その54.庭作りはセラピー

 にしとこに引っ越して1年が過ぎ、この夏は庭でいろんな野菜作りにチャレンジしてみることにしました。4月にはこんなだった↓庭に、
f0214595_7849.jpg

f0214595_761187.jpg
 こないだのチャリティーバザーで仕入れてきたレンガも敷いて↑少しは庭らしくなったかな。毎年この時期は、占い本の仕事で家にこもって原稿とにらめっこすることが多いので、庭いじりはいいストレス解消法です。
[PR]
by nishi-toco-hill | 2011-06-01 07:04 | 引越し
 5月5日、相羽建設さんに誘われて参加したチャリティーバザー。ウチは焼ソバ屋さんのお隣で絵本やCDのお店と、ぼくの仕事仲間を集めて「チャリティー撮影会」を出店。たくさんのご家族に参加していただき募金をさせていただくことができました。当日はけっこう忙しくて、バザーの風景の撮影をすっかり忘れていたので、ご報告に、チャリティー撮影会の写真をご紹介します。
f0214595_11205565.jpg
 ケンタロウといえば最近は料理研究家のケンタロウさんですが、もうひとりのケンタロウがウチでは話題のアイドルです。相羽建設の若社長、健太郎さん↑です。彼は震災時すぐに、高齢の施主さんのお宅をまわるよう社員に指示したそうで、その話を聞いたときますますウチのアイドル好感度がアップしました。ほんとうに素晴らしい工務店にめぐり合ったものだと思います。
 撮影会に来てくれたのは雑誌や広告の世界で活躍中の佐々木龍さんと佐粧俊之さん(健太郎さんのこの写真は佐粧が撮影)。当日は1組500円という料金でしたが、マスコミの相場はだいたい1件3万円ぐらいからなので超お得!(だったと思います)。写真を見ると床やバック布の端が写ってますが、業界では雑誌の誌面にあわせて自由にトリミング(いらない部分を切り落とすこと)できるように少し大きめのアングルで撮影するのでこういう写真になるのであります。また次回の「撮影会」には未体験のみなさんもぜひご参加ください。あなたのスーパースターフォトを撮影しますよ! 
 いろいろお買い求めいただいたみなさんにもあらためてお礼申し上げます。みんなで心をひとつに、震災で力を落としている方々をしっかり支援していきましょう。
 それと最後に、ラジカセとオーディオコンポをお買い上げくださった方、万一不具合があれば遠慮なくお知らせください。
 ところで当日写真撮影したのは佐粧さんといいまして、フジテレビの「ウォーターボーイズ」や「踊る大走査線2」の広告写真で賞をもらったりしているカメラマンであります。

 
 
[PR]
by nishi-toco-hill | 2011-05-08 11:35 | 引越し
 あれから10日間ほど、ウチも放心状態のまま時間が過ぎました。あの日をさかいに、日本はまったく新しいフェーズに入りました。これまでもよく言われてきた「共生」という概念が、ただのお題目ではなくて、すぐさま「共生」を実践に移す必要に迫られています。一瞬にして奪われてしまったものの大きさにあらためて戦慄しますが、これを新しい国作りの始まりと考えるべきなのでしょうか。ウチはこういうときに何の役にも立たない文系家族なので、急いで日本赤十字社に募金してきましたが、これから国民全体が痛みと苦しみを分け合う長い「共生」時代に入ったことはたしかです。東の空を眺めては、ため息ばかりこぼれますが、今から暮らしのなかで支援につながることは何か、考えながら暮らそうと思います。
 地震の夜には、相羽建設さんからはすぐに無事を確かめる人がかけつけてくれ、ウチは本棚が崩落しましたが大丈夫でした。ありがとうございました。
f0214595_14463659.jpg

[PR]
by nishi-toco-hill | 2011-03-24 14:42 | 引越し
 先週土曜、新宿のハイアットリージェンシーで開催された「東京愉しい暮らしぶり展」に夫婦で行ってきました。相羽建設さんや田中工務店さんなどOM工務店が手がけた物件がいくつか紹介され、ナルホド! うらやましい! ソレいだたきッ! と、膝を打つことしきりでした。「住宅新聞」編集長の講演はたいへん興味深く、日本経済がこれから縮小していくなかで、経済的な豊かさよりも丁寧に愉しく暮らすことが幸せのカギになるというお話でした。かつてブータン国王は「GNP」ではなく「GNH」(グロス・ナショナル・ハピネス=国民の最大幸福)を目指すと宣言されていますが、日本もそろそろ工業優先国から脱皮しないといけないのかもしれません。それなんで民主党鳩山政権の誕生には拍手喝采したはずなんだけど……。
 おいしいバイキングをたらふくほうばり、お土産もちゃっかりいただいて帰ってまいりました。そういえばOMソーラーの家を建てた施主さんには「レジャーに出かける回数が減った」という人が多いそうです。家が楽しいんですよね。また夫婦ゲンカが減ったという証言も飛び出しましたが、どうなんでしょうか……。
f0214595_1116427.jpg
 書家の吉田真紀さんのパフォーマンスです。ウチも色紙を書いていただきました、ありがとうございます。
f0214595_1119844.jpg
 OMソーラーハウスの施主さん家族の出品物の数々。とくに「庭」をテーマにしたものには、マネしたくなるアイデアがいっぱいでしたよ。
[PR]
by nishi-toco-hill | 2011-02-18 11:20 | 引越し

その45.今日は見学会日和

 明けましておめでとうございます。お正月休みは仕事の締め切りに追われ、やっと一息ついたところです。
 この3連休もイイお天気に恵まれ、ただいまソーラータウンでは見学会が催されております。このあたりはちょっとした高台なので、今日も新宿がくっきり見えていますよ。小寒を過ぎ外は風が冷めたくてきびしい寒さだけど、OMソーラーはこんな日こそ力を発揮します。そういえば最近は、朝目覚めてフトンから出られない、なんてことがなくなりました。
f0214595_11433021.jpg

[PR]
by nishi-toco-hill | 2011-01-10 11:42 | 引越し

その44.にしとこの眺め

f0214595_86116.jpg 西所沢という場所は高い台地の上にあって、ときどき思いがけない眺めに出合うことがあります。
 まだ歩いたことのない道を探して入ってみたら、広い空き地や池や、子どもの頃、家のまわりにあったような小さな風景が、まだあちこちに残っています。
f0214595_8172979.jpg

 あてずっぽうに進んだ先に、細くて急な石段を見つけました。ここを上りきると突然視界が開けます。ちょうど所沢高校の裏手なんですが、そこからの眺めが絶景で、狭山丘陵や西武ドーム、富士山も一望できます。
f0214595_8184225.jpg

[PR]
by nishi-toco-hill | 2010-12-19 08:06 | 引越し

その43.OMソーラーの威力

 朝晩かなり冷え込んできましたね。OMソーラーの実力を確認してみようと思い立って、操作パネルをあらためて眺めてみました。時間は朝の7時過ぎ。
f0214595_11273264.jpg
屋根のガラスパネル下の気温は10℃です。日が昇って空気があたたまりはじめ、外気温より高めです。
f0214595_11274617.jpg
20℃=これが我が家の室温。センサーは階段ののぼりはなにあります。
f0214595_11275660.jpg
そして外気温はまだ5℃。

 ちなみにうちの暖房器具はすべて電気。年寄りの部屋にあるオイルヒーターをのぞけば、部屋全体を暖めることはせず、寒くなったらパーソナルな範囲だけを暖めるという発想です。だから大雑把にいえばウチの室温はOMソーラーの機能そのもの。OMソーラーは日中晴れてくれれば、次の朝までほとんど暖房なしで20℃前後をキープしてくれるということです。あらためてOMソーラーの力に驚きました。
f0214595_1205323.jpg2階のリビングに置いてある暖房器具は最近買ったダイキンのセラムヒート。さすがにこれ一台でリビング全体を暖めるのは無理な相談だけど、日が暮れて外気温が下がってきても、家の床はジワッとあたたかくて、今のところ、この一台でじゅうぶん間に合っています。空気も壁も汚れないし、カラーやデザインがこの家に案外マッチしていてたいへん気に入りました。
[PR]
by nishi-toco-hill | 2010-12-12 11:49 | 引越し
f0214595_13373060.jpg
 少し前になりますが、拙宅を担当してくださったSさんから素敵な贈り物をいただきました。相羽建設創立40周年の記念品で、とても肌触りのいい靴べらです。さっそく使っています。社長交代のご挨拶もいただき、ウチは創業40年目に建てていただいた家なのだとちょっと感慨を新たにしました。いわばここには相羽建設の理想とする「家づくり」の、ひとつの完成形があると思うからです。おめでとうございます。家を見にここにやってきたときには、まさかここに住むなんて夢にも思っていなかったんですが、今となっては、迷わずここに決めて本当によかったと家族で話しています。
 先日、「見楽会」のお誘いをいただいたのですが、ご期待に添えなかったので、2階リビングの様子だけちょっとお見せしたいと思います。
f0214595_13314548.jpg
 これが引き渡し当日のリビング。そして今はこんな感じ……。キッチンでコーヒーをすすりながら「おはよう日本」の鈴木菜穂子ちゃんに「おはよう!」って言うのが至福の時間です。
f0214595_13354720.jpg

[PR]
by nishi-toco-hill | 2010-11-19 13:35 | 引越し
 朝霧jamの当日、相羽建設さんが新しく始める「家守りの会」の説明会があったので、ぼくも興味津々でぜひ参加してから朝霧にスッ飛んで行こうと思っていたんだけど、午後のトッド・ラングレンがどうしても見たくて「家守りの会」のほうはカミさんに頼んで、ひとり朝霧高原へと向かったのでした。
 少し前の話になりますが、ウチは冬に家を作ってもらったので案の定、夏の湿気で木材が太り、和室のふすまの滑りが悪くなってしまいました。さっそく相羽さんに相談したところ、家具デザインの経験もあるという女性の建具師のMさんがかけつけてくれました。時間をかけて丁寧に直していただき、そのあいだ、この家の家具や内装デザインについていろいろと話をうかがうことができました。
 木の家はいわば「生き物」なので、当然住んでいればいろいろ手直しも必要になるだろうし、またこの家の機能を最大限にキープしておくためには、家作りのプロの知恵が必要です。
 そんなわけで「家守りの会」の案内をいただいたときから、実はウチではまっさきに入会を決めていたのでした。それに水まわりだ、白アリだと、トラブルが進行してからあちこちに見積もりやら何やら頼んでいたらタイヘンな騒ぎですよ。
 もうひとつ、ぼくが興味があるのは家の「カスタマイズ」。「家守りの会」の領分かどうかはわからないけど、趣味や家族構成、ライフスタイルの変化に応じて家をもっと楽しくしていけたら、と思うのです。
f0214595_1172172.jpg

[PR]
by nishi-toco-hill | 2010-10-15 11:07 | 引越し

その36.森の家具屋さん

「ラボラトリー」というオーダーメード家具の工房の出かけてきました。おとなりのAさんのブログをのぞいていて見つけて、いいな、と思ったのです。
f0214595_912936.jpg
 場所は所沢市三ヵ島。狭山丘陵の、四方を丘に囲まれたちょっと不思議な風景の真ん中に、住宅をかねたとても素敵なアトリエがありました。まわりはぶどう畑が、ぶどう狩りの真っ盛りです。ここはいわゆる店舗とはちょっとちがうので突然訪ねても不在のことがあるそうですが、思い立ってぶらりと出かけてみたら若いご夫妻が満面の笑みで迎えてくれました。
「ラボラトリー」の家具は、ひとつひとつ完全なハンドメイドで作られるまるで工芸品です。味わいのある無垢材を大胆に使いながらも、とても繊細で洗練されたディテールを持っています。独特の緊張感は、室内や窓からの眺望を一枚の絵のようにしてくれるので、きっと暮らしが楽しくなるはずです。はっきりいって欲しいものがありましたが、せっかくオーダーもお願いできるんだから、あわてるのは禁物。それに家具は一生ものを買うのがいちばんです。貸家住まいのときには、気分のままにあれこれちぐはぐな家具を買い込んで使っていましたが、こうして家を作ってみると、家具もライフスタイルの一部なんだという気がしてきます。ウチの息子も連れて、ぶどう狩りのシーズンが終わらないうちにもう一度「ラボラトリー」に行ってみるつもりです。
[PR]
by nishi-toco-hill | 2010-09-15 10:17 | 引越し