西所沢家つくり通信


by nishi-toco-hill

メタトロンって何?

 宇宙飛行士がもし、宇宙ステーション滞在中に重篤な病気にかかってしまったらどうするか? ロシアの宇宙計画のプロジェクトのなかで開発されたのが、このメタトロンという治療器具です。
 これは波動治療と呼ばれる先端医療で、ヨーロッパで研究が進められている新しい治療法です。
 からだのあらゆる部位には固有の波動があり、傷んだり弱ったりしている部分の波動を調整することで健康状態を取り戻す、という理論が前提になっています。
 その「部位」というのが、心臓とか胃とか、っていう大雑把な捉え方ではなく、たとえば毛細血管の血管壁のようなミクロのレベルのトラブルまで正確に検出できるというのです。
 病院のMRIやCTでもかなり詳細なからだの断層映像を見ることができますが、そこまではいきません。
 さらにメタトロンは、微弱電流を使った波動を、弱った部分に与えて人体を治療します。だから薬も外科手術もありません。
 見せてもらったメタトロンはノートパソコンにつながったヘッドフォーンみたいなパッドを装着するだけのもので、YouTubeでも見てるのかっていう感じで、これで病気が治るんなら、宇宙ステーションにはもってこい、です。
 ちなみに、メタトロンで計測した波動のデータをペットボトルの水に転写すると、患者に最適な、いわばオーダーメードの薬になります。
 メタトロンの価格は一台2000万円程度ですが、これでガンや心臓病など重篤な病気が治せれば、薬も手術も不要ですから膨大な医療費が節約できるので、ドイツやイギリスはじめいくつかの国が研究開発を急いでいるとのことです。


[PR]
by nishi-toco-hill | 2017-07-13 18:41